#75 銀行の本当の役割とは!? ―銀行が創る「見えないおカネ」の正体

【ポイント】
①同教徒から利子を得るのは禁止だが、異教徒からは取っていいという宗教的制約のもと、各地に少数民族として散らばっていたユダヤ人がキリスト教徒ら相手に金貸し業を始め、ユダヤ人商人としてのポジションを形成していく。
②欧州で拡大する国家間貿易により両替需要が増し、キリスト教徒は両替手数料の中に利子分を含ませる手法を用いて宗教的制約の回避を図った。これによりマジョリティーであるキリスト教世界で金融業が振興し、銀行誕生へと繋がっていく
③ストックホルム銀行を皮切りに銀行機能の一つである「貨幣創造」がなされ、資本主義の起点となっていく

※現在ポッドキャストのテキスト化を準備中です。もうしばらくお待ちください。

関連エピソード