#66 アレクサンドロスのヒーローアカデミア

【ポイント】
①アレクサンドロス大王の母のオリンピアスはディオニューソス(バッカス)信仰の熱狂的な信者。トリップ状態に陥りながら蛇と性的に戯れるというパンチの利いたおふくろだった
②オリンピアスは、息子のアレクサンドロスはゼウスと自分の子どもであると思っていた節があり、自分を神だと思うアレクサンドロスのずば抜けた自己肯定感は母の育て方によるところが大きい
③ギリシャ最高の頭脳であるアリストテレスとスパルタ人から文武両道の教育を同世代の仲間(有力者の子息たち)とともに受けた。彼らは将来的にアリストテレス大王の側近としてマケドニア王国軍の中枢を担うようになる

※現在ポッドキャストのテキスト化を準備中です。もうしばらくお待ちください。

関連エピソード