#54 正義の化身!ロベスピエールによる恐怖政治・テルミドール9日のクーデタ―

【ポイント】
①「民衆による国王の処刑」は激震となって周辺国に広がり、フランスはオーストリアを除くヨーロッパ中の王国から宣戦布告されてしまう
②フランスは外圧に対抗するため挙国一致体制に走り、ロベスピエールらジャコバン派による強権的な恐怖政治が始まる
③ロベスピエールは強烈な倫理観で生きている正義の化身のような人。貧しい民衆に味方し、王を処刑させ、フランス革命を徹底的に貫徹した立役者。政敵を殺しまくり、最後は自分もギロチンにかけられた

※現在ポッドキャストのテキスト化を準備中です。もうしばらくお待ちください。

関連エピソード