Season番外編

#20 経営、歴史、ときどきバンド?音楽を真剣に語ってみた。

#20 経営、歴史、ときどきバンド?音楽を真剣に語ってみた。

【ポイント】
①深井は会議する時と寝る時以外のほぼ全て時間で音楽を聴いている。
②樋口はプロの音楽家として10年間仕事してきたが、実は音楽聴くのがめちゃくちゃ嫌い。
③ヤンヤンは鬼束ちひろと宇多田ヒカルで日本語を勉強した。

※現在ポッドキャストのテキスト化を準備中です。もうしばらくお待ちください。

#21 人生はゲーム!?僕達が幸せを感じる瞬間

#21 人生はゲーム!?僕達が幸せを感じる瞬間

【ポイント】
①結果的に「幸せじゃない時期」があったからこそ、今の幸せ最大値に繋がっている。
②色んなゲームソフト(=価値観の軸)をファミコン(=人生)に差しながらプレイしている感覚。
③樋口はうつ病で死にかけていた時に目の前にコンティニュー画面が現れ、イエス・ノーで迷った末、イエスのボタンを押した。

※現在ポッドキャストのテキスト化を準備中です。もうしばらくお待ちください。

#22 我不是間諜!我愛日本!― ヤンヤンと学ぶローカル四川語

#22 我不是間諜!我愛日本!― ヤンヤンと学ぶローカル四川語

【ポイント】
①ヤンヤンは中国共産党のスパイではなかった。
②深井は音で外国語の特性を理解する。
③中国語と日本語とで発話プロセスが異なる;中国語=発話者が個として意思を込めて言い切る/日本語=発話の相互乗り入れで空気の意思を形成

※現在ポッドキャストのテキスト化を準備中です。もうしばらくお待ちください。

#24 コロナ禍のいま!コテンラジオが語る、疫病の世界史

#24 コロナ禍のいま!コテンラジオが語る、疫病の世界史

【今回の内容】・ペストがどれくらいヤバかったか・ウイルスも細菌も未発見の時代・人間の挙動っていっちょ変わらんね・ユダヤ人迫害と道徳の崩壊・人々を救えなかった宗教と教会・農民、社会地位UP!・ベネチアで始まった船舶隔離・グローバル化とパンデミックの関係・この後どうなるか?わからん!・最悪な状況を想定して対処する・適切に怖がり楽観的に見る
※現在ポッドキャストのテキスト化を準備中です。もうしばらくお待ちください。

#25 新時代の働き方 ― 急激に進むリモートワークに思うこと

#25 新時代の働き方 ― 急激に進むリモートワークに思うこと

【今回の内容】・マイク音出ない事件の勃発・リアルと違う、リモートコミュニケーションのマナー・品質のいいマイクを買え・失われる雑談タイム・雑談は生産性と信頼感を救う・知られざる在宅勤務の辛さ・リモートワーク幻滅期到来か?・コロナと離婚の関係・封建時代に逆戻りする婚活スタイル・ヤンヤンのオンライン結婚企画・始まるか
※現在ポッドキャストのテキスト化を準備中です。もうしばらくお待ちください。

#26 深井によるNetflixおすすめ作品紹介!

#26 深井によるNetflixおすすめ作品紹介!

【今回の内容】・動画配信サービスを全制覇した深井・ディズニーチャンネルにも入ってる深井・何度でも言う。クリント・イーストウッドのグラントリノは傑作・クリント・イーストウッドと百里奚・人間のリアリティを感じられない作品は観ない・プロフェッショナルたちの美しさに惹かれる深井・『エレファントマン』という名作・『クィア・アイ』と『ネクスト・イン・ファッション』を激推し・リアリティと面白さをいかに同居させるか・映画を観れない樋口、そのワケ...

#27 人類学って何?異文化に飛び込んだ同級生に聞いてみた(前編)

#27 人類学って何?異文化に飛び込んだ同級生に聞いてみた(前編)

【今回の内容】
コロンビアからこんにちは
キューバの若者たちのキャリア設計
異なる相手を知る学問
長い時間を共に過ごす意義
同じ社長でも組織ごとで役割違うんだよ
社会学と人類学の違い
人類学は冒険者でドMな人向け!?
シャワーの神様に祈った少女
他者の論理に自分を浸す生き残り戦略
※現在ポッドキャストのテキスト化を準備中です。もうしばらくお待ちください。

#28 人類学って何?異文化に飛び込んだ同級生に聞いてみた(後編)

#28 人類学って何?異文化に飛び込んだ同級生に聞いてみた(後編)

【今回の内容】袖の下は渡せばいいってもんじゃない相手の論理で動く重要性植民地主義と人類学の関係西洋文明は最高なのか?わかり合えないのは悪?相互理解で社会は幸せになれる?神話と脳の親和性甲子園の神話構造僕たちは狂気の世界で生きている
※現在ポッドキャストのテキスト化を準備中です。もうしばらくお待ちください。

#29 「一隅を照らす」中村哲という生き方(前編)

#29 「一隅を照らす」中村哲という生き方(前編)

【今回の内容】
ペシャワール会・中村哲先生
記者が語る先生の生の姿
ハンセン病医として現地入り
「ドクターサーブ・ナカムラ」と呼ばれる意味
古き任侠・玉井金五郎の哲学
群雄割拠のアフガン
戦争がしたくて戦ってるわけじゃない!
医療よりもまずは水
ケシ畑から小麦畑に変わったワケ
※現在ポッドキャストのテキスト化を準備中です。もうしばらくお待ちください。